2010年03月22日

風邪を引いた時に食べてはいけないもの

風邪を引いた時には、消化の悪い食べ物や刺激の強い食べ物はなるべく避けたほうがよいでしょう。絶対に食べてはいけないと言うわけではありませんので安心して下さい。

【消化の悪い食べ物】
脂肪の多い魚(サンマ、サバ、ハマチ、マグロ、マイワシ、ニシン、タイ、キチジ、イワシ、ウナギ)、脂肪の多い肉、繊維の多い野菜(竹の子、ごぼう、れんこん、ふき、しそ、パセリ、グリンピース、アボガド、ゆりね、モロヘイヤ)

【刺激の強い食べ物】
コーヒー、トウガラシ、にんにく、コーラ、ソーダなどの炭酸


レモンや梅干は刺激の強い食べ物ですが、食欲増進の効果があるので風邪を引いた時にはお勧めの食品です。

風邪を引いた時には、ストレスをためこむのはよくありません。食事を制限することでストレスがたまってしまうのもいけないので、食べたい物があれば上記の食品であっても我慢せず食べてよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。